にきびに良い食べ物

まずにきびにいいといわれているビタミンAを含む食材としてはレバーや人参、ウナギやかぼちゃなどがあります。ビタミンAは免疫力をアップさせる働きがありますし、皮膚を再生させる力を上げてくれますからにきびにいいといわれているのです。そしてにきびにはビタミンBを含む食材もいいといわれています。例えば、にきびに効果的なビタミンBを含む食材としてはレバーやアーモンド、納豆やチーズなどがありますし、他にもマグロやカツオ、鶏のササミなどにも含まれています。このビタミンBはにきびにどのように効果的なのかというと、ビタミンBはにきびの元になっている脂の燃焼を促進する作用がありますから、脂の分泌を抑えてくれるのでにきびにはとても効果的な食材といえると思います。

 

他にもコラーゲンが含まれている食材というのはにきびにとってもお肌にとってもいいと言われています。ですからコラーゲンを含んでいる牛筋やうなぎ、カレイなどを食べるようにするとにきびに良いと思います。また亜鉛を含んでいる食材というのもにきびになってしまった肌を再生するのに効果があるといわれていますから亜鉛を含んでいる牡蠣や胚芽、煮干や牛肉などを沢山とってにきびを予防して行けるといいと思います。

にきびとハトムギ

にきびとハトムギについてですがハトムギと聞くとはと麦チャを想像する人も多いかもしれませんが、ハトムギというのはイネ科の植物で、一年中生成されます。鳩がよく食べるというところからハトムギという名前がついたのですが、本当の名前はヨクイニンと呼ばれる漢方薬にもなっている植物です。このハトムギがなぜにきびに効果があるのかというとにきびに効果のあるハトムギは肌の新陳代謝がよくなるといわれていますし、老廃物を排出する働き、そして炎症を抑える働きがあるといわれています。ですからにきびの炎症を抑えてにきびの原因になっている老廃物を体の外に出して、肌の新陳代謝を活発にしてくれますからにきび予防にもにきびの改善にも効果があるのです。

 

またにきびに効果のあるハトムギの中には、アレルギーを抑える働きもあるといわれていて肌荒れが何らかのアレルギーによっておきていてそれによってにきびが出来ているという場合にも、ハトムギは効果的なのです。ハトムギの効果的な摂取方法ですが、漢方薬としてハトムギを摂取する方法もありますし、はと麦茶を日ごろから飲んで肌の調子を整えてにきび予防にするという方法もあると思います。にきび予防にハトムギというのはあまり知られていませんが手軽に実践できそうですね。

にきびと水分摂取

にきびの人は水分摂取を心がけることでにきびが改善されるといわれています。なぜ水分摂取がにきびに効果的なのでしょうか。にきびに水分摂取が効果的な理由というのは水分を沢山体内に取り入れると、尿や汗がたくさん出ますから体の中にたまっていた老廃物を体の外に出してくれます。それによって体や顔に老廃物が溜まりにくく、にきびが出来にくくなるということになります。そして水分摂取をするということは他にも、便秘の解消にもなります。便秘では消化されたものが体の中にいつまでもたまっていて有害物質を出す原因になります。有害物質は腸で吸収されるとにきびを悪化させることになるとも言われていますから便秘はにきびには良くないのです。

 

ですから水分摂取を沢山することで便秘の解消にもなり、にきびを改善するわけです。大体どれくらいの水を摂取すればにきびに効果があるのかというと、大体1日に2リットルくらい飲むのが理想と言われています。水分は飲み続ければ飲むほどにきびが改善されるそうですから頑張って飲みましょう。水分摂取はこのように体全体を健康にしてくれる働きがあります。にきびにも便秘にも効果があるので女性の悩みを解決してくれる一つの方法です。